お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせください。

茨城県守谷市のベランダバルコニーデッキ施工例M様邸

WRITER
 
茨城県守谷市ベランダバルコニーデッキ1
この記事を書いている人 - WRITER -

茨城県守谷市にて、SPF材で造られていたデッキが朽ちてしまい、原型を再現して少し間口を広くしてイタウバ材で造りました。SPF材は、耐水性が低く屋外での使用には向いていないので防水加工や防腐加工を施してから使用しないといけません。一方、イタウバ材は、水中での耐久性に優れた木材で30年以上もつと言われています。今度は、末永くお使い頂けると思います。
茨城県守谷市ベランダバルコニーデッキ1

窓枠、ドア枠に木材を使っているお宅なので同じような色合いのイタウバ材でのベランダデッキがとても映えますね。建物とデザインの一体感がありステキです。
茨城県日立市ベランダバルコニーデッキ1正面から

イタウバ材は、海外では橋や電柱などに使用されており、また木造船や高級デッキにも使用されている耐久性の高い木材です。水や雨などの耐水性も優れております。
ウッドデッキによく使用されている特徴としては、油分が多いのでささくれが少なく肌触りがなめらかであることや基本的にメンテナンスが必要ないので手間がかからないところです。
色合いは、最初オリーブのような色をしていますが、徐々に珈琲のような薄い茶色へと変化していきます。経年変化によってシルバーグレーに変色します。なお、この経年変化による変色は、耐久性に影響はありません。
茨城県日立市ベランダバルコニーデッキ1バルコニー部分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウッドデッキ施工・販売 専門店UDOHウドー建築 , 2020 All Rights Reserved.